~ system professional ~

 

《 REPAIR 》

 

ー ダメージを受けて傷つきやすくなった毛髪繊維を補修 ー

 

IMG_2546

 

 

・ダメージの原因

物理的原因

先の尖ったブラシでとかすと髪にストレスを与えキューティクルが剥がれる

濡れている時に無理にとかしたり乱暴にタオルドライするのも切れ毛に繋がる

科学的原因

適切な方法以外でカラー、ブリーチ、パーマ

紫外線・高温のスタイリング機器

 

などの原因により過度なダメージをうけます。

このリペアラインは傷つきやすくなった毛髪繊維を補修する製品です。

 

次は今の時期知っておきたい紫外線ケアの製品です。

 

寺師 由衣 GLAMOROUS(グラマ・ラス)Stylist寺師 由衣

 Instagram

TEL:045-500-0207