〜 アフターケアが大事なんです 〜

 

こんにちは、寺師です。

 

最近は天気がすぐれず、雲行きの怪しい日が続いていますね。

これくらいの方が過ごし易い!という声もありますが、、、。

ですがきっと気づくとまた暑い日がすぐやってきますね。

 

季節も完全に真夏です!!

 

” ヘアスタイルも夏ヘアにチェンジしていますか? “

 

夏はカラーもいつもより明るくしたくなりますよね。

アッシュ・グレー・マット系のくすみカラーも大人気です!!

 

”いつも色落ちが早い” ”思ったよりもすぐに色が抜け明るくなりすぎてしまう”

という方へ、

そのままではせっかくの綺麗なカラー、髪が勿体無いので

綺麗なカラーを長持ちさせるコツ・秘訣をお教えいたします!!

 

ズバリ

カラーをした後の一週間のケアが大事なんです!

 

カラーをしてから髪に色味が完全に定着するまで、約一週間かかると言われています。

なのでその大事な一週間の少しのケアで、綺麗なカラーを保てるかどうかが変わってきます。

 

 

その①

”カラー用シャンプーを使う”

市販のシャンプー剤は洗浄成分が高いので、不安定なカラーを汚れを一緒に洗い流してしまうこともあります。

そこでカラー専用のシャンプーを使い、一週間経ったら次のカラーの時まで取っておく。(もちろんそのまま使い続けていただくと、より効果アップです!)

この時にオススメなシャンプーは、

 

『SHERPA shampoo D-3』 ¥1800(税抜)

 

IMG_2080

 

『アジュバン リ シャンプー プラチナム』¥2600(税抜)

 

IMG_2079

(GLAMOROUSのマスコットキャラクター:ジェームズです)

どちらも栄養補給が高く、潤いのある髪へ導いてくれます。

 

その②

”ドライヤー前のアウトバストリートメント”

乾いている髪ではなく、なぜ濡れている髪なの?というのは

濡れている髪はキューティクルが開いているので、トリートメントを塗れば中に入りやすくなっているのです。

 

あと、ドライヤー前につけることでドライヤーの熱ダメージから守ってくれる役目があります。

 

オススメのアウトバストリートメントは、

 

『ミルボン エルジューダ』シリーズです。

 

IMG_1953

少し前に詳しく書いてありますので、こちらを参考にしてください。

クリック←←←

 

その③

”必ず乾かしてから寝る”

先ほども言ったように濡れている髪はキューティクルが開いている状態なので、そのままにしておくと中のカラーの色素が出て行きやすくなってしまいます。

その他にも濡れた髪のまま寝てしまいますと枕などに擦れて摩擦でキューティクルがはがれ落ちたりしてしまいます。

そうなるとダメージの原因にもなってしまうので要注意です!

しっかり乾かしてあげるとキューティクルも閉じてカラー色素と栄養を閉じ込めることができます。

 

このように少しのことですが変えてあげると、綺麗なカラーと髪をいい状態で保ちやすくなるので

皆さんも是非試してみてください♪

寺師 由衣 GLAMOROUS(グラマ・ラス)Stylist寺師 由衣 Instagram

TEL:045-500-0207